トランプ氏、日本防衛費の全額負担要求 韓、独にも

2016.05.06

トランプ氏が米大統領になれば、東アジアの安全保障はどうなるのか (ロイター)
トランプ氏が米大統領になれば、東アジアの安全保障はどうなるのか (ロイター)【拡大】

 米大統領選で共和党候補の指名獲得を確実にした実業家トランプ氏(69)は、大統領に就任すれば、日米安全保障条約に基づき米軍が日本防衛のために支出している国防費の全額負担を日本に要求する考えを表明した。CNNテレビが日本時間の5日にインタビュー内容を報じた。

 米軍が駐留する韓国やドイツにも同様に要求する考えを示し、応じなければ駐留米軍を撤収するとの持論も曲げなかった。指名獲得を確実にし、大統領に選ばれる可能性も出てきただけに一層波紋を広げそうだ。

 トランプ氏は金額に言及しておらず、日本に要求する負担がどのくらいなのかは不明。韓国が負担している駐留経費についてトランプ氏は司会者に「何%だ」と尋ね、「5割」と教えられると「なぜ100%ではないのか。全額負担するべきだ」と述べた。一方で、日韓の核武装を容認する考えも否定しなかった。(共同)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。