“トランプ大統領”誕生翌日、中国武装兵士の尖閣上陸もありうる (1/2ページ)

2016.05.10

「トランプ大統領」が誕生すれば、中国は沖縄県・尖閣諸島に武装兵士を上陸させるのか
「トランプ大統領」が誕生すれば、中国は沖縄県・尖閣諸島に武装兵士を上陸させるのか【拡大】

  • <p>ドナルド・トランプ氏(ロイター)</p>

 米不動産王、ドナルド・トランプ氏(69)が、7月18〜21日にオハイオ州クリーブランドで開催される共和党大会で大統領候補に指名される。

 まさに「悪夢」が「正夢」となった感がする。

 トランプ氏は昨年6月、大統領予備選挙出馬表明した。

 当時、誰が「トランプ大統領」の可能性を予期したか。それは、サッカーのイングランド・プレミアリーグでレスターの初優勝を予想したことに等しい。

 シーズン前のレスター優勝のオッズ(予想掛け率)は5000分の1。その伝で言えば、トランプ指名獲得のオッズは5万分の1であったはずだ。

 「正夢」はさらに続く。では、万が一、トランプ氏が、次期大統領が事実上決定する11月8日の一般投票・開票で、民主党候補のヒラリー・クリントン元国務長官(68)に勝利したら、一体どうなるのか。

 英紙フィナンシャル・タイムズ(5月2日)は、「中国は『トランプ大統領』を望んでいる」の見出しを掲げて、次のように報じた。

 《トランプ氏の孤立主義と、同氏が頻繁に口にする『ディール(取引)』好きを、中国指導部はめったにないチャンス−第2次大戦以来張り巡らされた米国の安全保障協定の網の目を解きほぐすのだ−と見なしている。中国政府は、地域における支配的地位に向けた当然の野望を米国のこうした安保体制が封じ込めてきたと考えている》

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。