財務省は官邸に「平伏」 注目「霞が関人事」 (1/2ページ)

2016.05.17

霞が関の人事が注目されている
霞が関の人事が注目されている【拡大】

 主要省庁の次期事務次官が閣議で発令されるのは6月3日付である。

 事務次官交代があるのは、外務省(斎木昭隆事務次官・1976年入省)と財務省(田中一穂事務次官・79年旧大蔵省)。

 経産省の菅原郁郎事務次官(81年旧通産省)と防衛省の黒江哲郎事務次官(81年旧防衛庁)は続投する。

 外務省の次期事務次官は杉山晋輔外務審議官(政務・77年)が確定している。

 注目すべきは、次の財務事務次官である。一部雑誌で「事務次官昇格に黄信号が灯った佐藤慎一主税局長(80年)」と報じられた。

 だが、財務省は省を挙げて首相官邸に平伏して「佐藤財務事務次官」を勝ち取ることができたようだ。

 佐藤主税局長自らが昨年末の「軽減税率騒動」の主戦場に飛び込み、官邸から、特に菅義偉官房長官の不興を買ったのは記憶に新しい。

 菅官房長官の怒りが普通ではなかったため、一時は田中事務次官の続投、そして、佐藤主税局長退官・星野次彦国税庁次長(83年)の主税局長就任説が流れた。

 こうしたこともあって、財務省は官邸に対して白旗を掲げたうえで、頭を垂れて従来の自然調和人事の実現を願ったのである。

 最後は、安倍晋三首相が救いの手を差し伸べたので、菅官房長官も了承したようだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。