舛添要一都知事がかつて明かした「絵画財テク」の手法 (2/2ページ)

2016.05.24

 舛添氏が絵画財テクの参考にしているのが、東京・渋谷にある山種美術館を設立した山種証券(現・SMBCフレンド証券)創業者の山崎種二氏の逸話だ。

 贋作ばかりを買わされていた山崎氏は日本画家の横山大観から「生きている画家の絵を買えば偽物を掴まされない」と忠告を受け、前途有望な若手画家の作品を収集したことで、現在では高額作品ばかりの大コレクションを揃えることができたという。

 〈私もまだ有名ではない、ある台湾人画家の絵を購入し、議員会館に飾っています。今後、価値が上がっていくのを期待しています。そのほか、パリの留学時代に知り合った画家の絵もたくさん購入しています〉

 舛添氏は13日の会見で「海外の方と交流を行なう際に、書や浮世絵などをツールとして活用する」「国際交流で使うものと自分のコレクションとは明確に分けている」と語ったが、2005年当時に議員会館に飾っていたというこの台湾人画家の絵はどちらなのか。政治資金使用の有無や保有状況などを問い合わせたが、「お答えできません」(都庁政策企画局)との回答だった。

 ※週刊ポスト2016年6月3日号

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。