舛添氏調査の弁護士はどんな人? 佐々木氏「マムシの善三」の異名取るヤメ検

2016.06.07

政治資金の「公私混同」疑惑について会見で話す、調査を行った森本哲也弁護士(左)と元検事の佐々木善三弁護士 =6月06日午後、東京都新宿区(早坂洋祐撮影)
政治資金の「公私混同」疑惑について会見で話す、調査を行った森本哲也弁護士(左)と元検事の佐々木善三弁護士 =6月06日午後、東京都新宿区(早坂洋祐撮影)【拡大】

 「ピザ本」「そば本」「クレヨンしんちゃん」、もう一つオマケに「楽しい金魚の飼い方」…。東京都の舛添要一知事に向けられた「政治とカネ」疑惑を調べた専門家の報告書には、政治資金で購入したさまざまなモノが並んだ。この調査を担当したのがヤメ検(元検事)のヤリ手弁護士2人だ。

 佐々木善三弁護士(63)は、「マムシの善三」の異名を取り、特捜検事として政界汚職などの大型事件を手掛けてきた。退官後は豊富な捜査経験を生かし、さまざまな第三者委員会の委員を歴任。小渕優子元経済産業相の政治資金問題を調査した第三者委では委員長を務めた。

 岩手県陸前高田市出身で、中央大を卒業して1979年に検事任官。東京、大阪両地検の特捜部に長く在籍し、リクルート事件や住専事件などの捜査に関わり、東京地検特捜部副部長も務めた。

 2012年11月の退官後に弁護士登録。プロ野球の統一球変更が未公表だった問題を検証する第三者委の委員を担当したほか、小渕氏問題の第三者委委員長を務め、昨年10月に「小渕氏は不正に関与しておらず、法律上の責任はない」との結果を公表した。

 森本哲也弁護士(42)は白紙撤回された2020東京五輪・パラリンピックの旧エンブレムの選考過程を調査する外部有識者の1人。米ニューヨーク州の司法試験にも合格し、弁護士登録を経て検事任官。東京地検の刑事部などに在籍後、昨年、再び弁護士に復帰した。検事時代は、さいたま地検特別刑事部で経済事件などを手掛けた。佐々木弁護士と同じ事務所に所属する。

 2人の見解では、舛添氏が購入した「ピザ本」「そば本」「楽しい金魚の飼い方」などは不適切とまでは言えず、違法でもないという。普通のサラリーマンが会社の経費で落そうものならどうみてもアウトなんだけど…。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。