小沢氏、古市憲寿氏に“ブチ切れ” ネット党首討論会で“禁断”のツッコミ

2016.06.20

小沢氏が思わず声を荒げてしまったワケは…
小沢氏が思わず声を荒げてしまったワケは…【拡大】

  • <p>古市憲寿氏</p>

 生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎共同代表がブチ切れた。参院選を控え、与野党9党の党首が出演した19日夜のインターネット中継動画サイト「ニコニコ動画」の討論会で、司会の社会学者、古市憲寿氏から「再婚相手、見つけられたかどうか?」などと、政策と関係のない質問をぶつけられたのだ。

 古市氏は、発言が物議を醸すことが多く、フジテレビ系「ワイドナショー」で「ハーフは劣化が早い」と発言し炎上したことも。今回も古市氏の発言が火を付けた形だ。

 小沢氏は「えっ?」と聞き返し、重ねて質問した古市氏に対し、「それは今日のテーマですか?」などと応じ、各党首による討論が再開した。

 その後、古市氏が紙を渡されたのか、棒読みで「先ほど小沢代表に対しまして、大変失礼な発言をしました。発言を撤回して、心よりおわび申し上げます」と語ると、小沢氏は「これはおかしい」と改めて憤慨した。

 古市氏は「こういう場はある意味、人柄を見ることが一個の意味だと思ったんです」などと釈明したが、小沢氏は「それは釈明じゃないね、あなた方の。おかしい。こういう場で、そんなことを言うなんていうのは、どうかしている」「おわびするなら、おわびするらしく、きちんとしなさい。そんな言い草ないでしょ!」と声を強めた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。