都知事選に小池百合子氏が出馬表明 都連了解なし 「韓国人学校」白紙訴え (1/2ページ)

2016.06.29

電撃的に出馬宣言した小池氏=29日午前、東京・永田町
電撃的に出馬宣言した小池氏=29日午前、東京・永田町【拡大】

  • <p>主な「ポスト舛添」候補</p>

 小池百合子元防衛相(63)が29日午前、衆院第1議員会館で記者会見を開き、東京都知事選(7月14日告示、同31日投開票)への出馬を表明した。自民党東京都連は現在、桜井俊前総務事務次官(62)の擁立に動いているが、小池氏は都連の意向とは関係なく、単独で立候補を決断した。退路を断った小池氏は、一気に有力候補になれるのか。

 「自民党議員として出馬の決意を固めた。『都政の信頼回復』『停滞の解消』『希望あふれる未来の首都・東京の構築』のため、崖から飛び降りる覚悟で挑戦したい」

 電撃会見で、小池氏は都知事選出馬の決意をこう語った。

 小池氏は兵庫県出身。カイロ大学を卒業し、テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」のキャスターなどを経て、1992年に日本新党から参院議員に初当選した。93年には衆院議員にくら替えし、8期連続当選。この間、新進党、自由党、保守党などで活躍し、2002年に自民党に入党した。環境相や首相補佐官、防衛相などを歴任している。

 現在、夕刊フジの人気コラム「私がやらねば」を執筆している。選挙戦では、舛添要一前知事が打ち出した韓国人学校の増設に向けた旧都立高校(都有地)の貸与方針白紙化などを訴える方針だ。

 小池氏はこれまでも、都知事選の有力候補として何度も浮上してきた。舛添氏の辞任直後にも名前が挙がったが、小池氏自身はテレビ番組などで「万年候補者候補」と自嘲気味に繰り返し、本心は明かさなかった。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。