【7・10参院選 私はこれで投票する】領土・領海・領空を守る意志を 沖縄出身ジャーナリスト・兼次映利加氏  (1/2ページ)

2016.07.08

沖縄出身ジャーナリスト・兼次映利加氏
沖縄出身ジャーナリスト・兼次映利加氏【拡大】

★(4)

 参院選(10日投開票)について、注目されるポイントはいくつもあると思うが、私は沖縄県出身という立場から、沖縄をめぐる問題を中心に考えてみたい。

 わが沖縄には、教育問題や雇用問題、そして何といっても米軍基地を含む安全保障の問題など、日本が抱える諸問題が集約している。沖縄に横たわる問題を解決することができれば、日本全体でもそれを実現することができるのではないか。

 特に今年は、2月に北朝鮮が沖縄上空を通過するミサイルを発射し、6月には中国海軍のフリゲート艦が、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に初めて侵入した。

 多くの政党が真っ先に掲げる「景気回復」や「社会保障の充実」、女性の活躍推進を含む「社会制度改革」や「地域活性化」などは、国土と、そこで暮らす国民があってこそのものだ。

 近隣国の現実的脅威が迫る現在、第1に政治家が訴えなければならないのは「領土・領海・領空を守り抜く覚悟」と、具体的な対策だと思う。

 各党の候補者たちは「日本をよりよい国にしたい」「人々の暮らしをよくしたい」と願って政治の道を志したはずだ。だが、目先の当選が目的となって、本当に直視すべき問題から目をそらし、耳当たりのいい公約ばかりを並べていることはないだろうか。

 航空自衛隊の元空将がインターネットのニュースサイトで先日、中国軍の戦闘機が東シナ海上空で、航空自衛隊の戦闘機に対し、攻撃動作を仕掛け、空自機がミサイル攻撃を回避しつつ戦域から離脱した−という衝撃的記事を発表した。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。