都知事選、議会刷新できるのは鳥越氏だけ 演説を一度聞いてほしい (1/2ページ)

2016.07.21

 参院選は、最後まで争点がかみ合わない選挙で残念だった。

 民進党は「憲法9条の改正阻止」を掲げたが、安倍晋三首相は「憲法は争点ではない」といい、選挙期間中、ほぼ言及しなかった。そのせいか、憲法改正勢力が国会発議に必要な3分の2を占めることになった現在になって、有権者から「知らなかった」という声が出ている。

 アベノミクスを支えた「円安株高」は過去のもので、転換点を迎えているのは間違いないが、まだ国民の中に期待感がある。民進党は「公正な分配」「人への投資」などを主張したが、自民党は「1億総活躍」という中身の似た政策を打ち出し、違いを分からなくさせた。

 結果的に、安倍政権の「争点隠し」は成功して、自民党の勝利に繋がったといえる。そこを打ち破れなかったことは、力不足というしかない。

 民進党は、政権時代の参院選(6年前)に比べて11議席減らしたが、大敗とは思っていない。政権転落直後の参院選(3年前)に比べると議席は倍増している。安倍首相が重点区と位置付けて応援に入った10の1人区では「9勝1敗」と圧勝した。もう少し議席を積み上げたかったが、「底を打って、再生途上にある」と受け止めている。

 年内にもあり得る衆院選に向けて、今度こそ結果を出せるよう、全党力を合わせて頑張りたい。

 さて、東京都知事選(31日投開票)が盛り上がっている。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。