安倍首相とメイ英新首相で“トランプ封じ”は可能か 緊密関係を築き上げれば… (1/2ページ)

2016.08.02

英国のメイ首相は、安倍首相と信頼関係を築けるか(ロイター)
英国のメイ首相は、安倍首相と信頼関係を築けるか(ロイター)【拡大】

 7月26日夜、安倍晋三首相は英国のメイ新首相と初めて電話で協議した。

 テリーザ・メイ(59)。ロンドン南方のイーストボーンに生まれる。英国国教会司祭の父に影響され、12歳の時に政治家を志したという。

 グラマースクールを経て名門オックスフォード大学に進学。卒業後、イングランド銀行に就職した。1997年に英国下院議員に当選、2002年に保守党幹事長。10年総選挙で保守党が政権に復帰し、キャメロン首相の下で内相などを歴任。

 国民投票で欧州連合(EU)離脱を決定。その後の7月13日、キャメロン首相の辞任を受けてバッキンガム宮殿へ参内し、エリザベス女王から首相就任の承認を拝受、第76代首相に就任した。

 その3日後の英紙ガーディアンに興味深い記事が掲載された。

 産業政策に力点を置くメイ首相は、クラーク=ビジネス・エネルギー・産業戦略相、ハモンド財務相、そして、カーニー・イングランド銀行総裁の協力を得て、約14兆円のインフラ投資を行うと報じたのだ。

 具体的には、道路・鉄道・発電所建設とデジタルIT向けで、イングランド銀行から超低利で資金を調達するという。

 英国事情に詳しい金融関係者によると、メイ首相はアベノミクスをお手本にしているそうだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。