小池知事、森会長と会談 東京五輪コスト削減で一致

2016.08.09

 会談前に握手する、東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長(右)と小池百合子都知事=9日午後、東京都港区(代表撮影)
 会談前に握手する、東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長(右)と小池百合子都知事=9日午後、東京都港区(代表撮影)【拡大】

 東京都の小池百合子知事は9日、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長と都内で会談し、運営コストを削減していくことで一致した。

 大会の開催費用は招致段階の想定から大幅に膨らむ見通しで、小池知事は「都民に理解してもらえない。費用縮減に協力していただきたいと話し、(森会長から)理解しているという趣旨の発言があった」と述べた。

 都と組織委、国の3者は、会場整備などの費用負担の枠組みを見直すことで合意。舛添要一前知事の辞職で協議が中断していたが、小池知事は「早急に慎重にやっていく」と話した。

 会談は小池知事側から要望。知事は就任会見で、五輪費用の妥当性を検証する調査チームを設けると明らかにしていた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。