韓国議員の竹島上陸 日本は“懲罰的対抗措置”を 日韓財務対話を中止に (2/2ページ)

2016.08.16

島根県の竹島に強行上陸した韓国の国会議員ら(フェイスブックから・共同)
島根県の竹島に強行上陸した韓国の国会議員ら(フェイスブックから・共同)【拡大】

  • <p>竹島(島根県隠岐の島町)</p>
  • <p>竹島(島根県隠岐の島町)</p>
  • <p>韓国・対抗措置リスト</p>

 第2は、今月末に予定される「日韓財務対話の中止」。韓国側から、日本と緊急時に通貨を融通し合う「スワップ協定」の復活を望む声が強まっているが、とても受け入れられない。

 第3は「食料品輸入規制の強化」。現在、韓国の食料品はほぼノーチェックで入ってくるが、食中毒や寄生虫の問題が次々に発覚している。室谷氏は「日本人の安全のためにも規制を強化すべきだ」という。

 最後は「国際司法裁判所への提訴」。竹島は日本固有の領土であり、正々堂々と付託すればいい。「韓国は同意しないだろうが何度もやるべきだ」(室谷氏)

 ネット上では、日韓合意に基づく「10億円拠出を中止すべきだ」という意見も多い。

 これに対し、室谷氏は「10億円は手切れ金として支払うべきだ。慰安婦問題は『最終的かつ不可逆的な解決』する。竹島問題は、韓国人に『日本人が本気で怒っている』と理解させなければならない」と語っている。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。