元自民幹事長・加藤紘一氏が死去 首相目指し「加藤の乱」で挫折 77歳

2016.09.10

加藤紘一氏
加藤紘一氏【拡大】

 自民党幹事長を務め、党内リベラル派として自社さ連立政権を支えた加藤紘一(かとう・こういち)氏が死去した。77歳。複数の関係者が10日、明らかにした。

 東大卒業後、外務省勤務を経て1972年に衆院初当選。13期を務めた。首相を目指し、一時は有力候補と目されたが、2000年に党内抗争に端を発した「加藤の乱」に敗れ、挫折した。

 84年に第2次中曽根改造内閣で防衛庁長官に就任。91年には宮沢内閣で官房長官を務めた。このころ小泉純一郎元首相、山崎拓元自民党副総裁と「反経世会(旧竹下派)」を掲げて「YKKトリオ」を結成し、注目を集めた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。