【野党の存在価値】蓮舫氏に首相や外相は任せられない 民進党の危機管理能力にも疑問符 (1/2ページ)

2016.09.14

民進党代表選には(左から)蓮舫、前原誠司、玉木雄一郎の3氏が出馬したが、盛り上がらない
民進党代表選には(左から)蓮舫、前原誠司、玉木雄一郎の3氏が出馬したが、盛り上がらない【拡大】

★(2)

 民進党の蓮舫代表代行は13日午前、自身の台湾籍が残っていると確認したことを明らかにした。この問題では、苦し紛れなのか説明が二転三転し、本人の「政治家としての資質」に大きな疑問を持たせた。

 当初から、女性誌「CREA」(1997年2月号)のインタビューに「国籍は台湾」という発言が記載されるなど疑問は多く、日本国籍取得の年齢も、記者会見やメディアによって「17歳」「18歳」「19歳」と異なっていた。

 先週、Yahoo!ニュースの単独インタビューでは、父親が90年代半ばに亡くなったときの諸手続があったはずだが、「(父親の台湾籍は)詳しいことは何も聞いていません」「日本国籍ではなかったのかも知れませんが、はっきり分かりません」と言い出した。

 これでは、「国籍という大事な問題を、きちんと意識して管理できない人物」と判断せざるを得ない。人寄せパンダや一方的な批判はできても、危機管理や記憶力の面からも、リーダーとしての粘り強い説得や交渉は無理だ。外交交渉にあたる首相や外相など任せられない。

 それより気になったのは、民進党の危機管理能力だ。

 今回の問題で、党として真正面から対応した様子が見えない。これが自民党だったら、熟練した幹部が「本人を守りきれるかどうか」について情報を集めて分析し、本人の将来に傷がつかないように誘導したと思う。

 蓮舫氏や擁護派による「台湾籍を放棄しなくても、二重国籍ではない」という論拠の問題点についても書きたい。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。