豊洲疑惑に捜査当局「重大関心」 都議会も参考人招致の構え 利権・談合報道 (1/3ページ)

2016.09.27

いよいよ開会する都議会に小池都知事はどう臨むのか
いよいよ開会する都議会に小池都知事はどう臨むのか【拡大】

  • <p>石原慎太郎氏</p>

 東京都の小池百合子知事の就任後初となる都議会定例会が28日、開会する。豊洲新市場(江東区)の「盛り土」未実施問題が最大の焦点で、当時の石原慎太郎元都知事や、担当部局「中央卸売市場」の歴代市場長らの“参考人招致”を求める声もある。6000億円近くまで膨張した総事業費をめぐる利権や、建設工事をめぐる談合疑惑が報じられているが、司法関係者は「捜査当局が重大関心を寄せている」との見方を示した。

 「分かったところと分からないところが、まだら模様だ」「ずっと仲間でやってきたので、厳しく聞けないのだろう」

 小池氏は23日の定例記者会見で、都の内部調査に、こう不満を表明した。都議会が開会される28日までとしていた報告期限を延ばし、「その分、意味のあるものにしてもらう」と徹底解明を指示した。

 だが、内部調査は難航している。

 都幹部によると、これまでに、土壌汚染対策が議論された2007年以降の副知事や、担当部局のトップである中央卸売市場長、部長級職員を中心に聞き取りを実施したが、証言には食い違いもあり、「盛り土をしない」と決めた幹部や時期は特定されていない。

 豊洲新市場の建設工事の基本設計が発注された11年3月には地下空間に関する記載はなかったが、同年6月に完成した基本設計は地下空間を設けることになっていた。このため都は、この時期の幹部から改めて集中的に事情聴取する考えだ。

 都議会も黙ってはいない。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。