蓮舫氏「二重国籍」問題 維新が国会で追及、「ウソ」6回発言も (1/2ページ)

2016.10.05

3日、民進党の会合で「ネクスト総理大臣」としてあいさつする蓮舫氏
3日、民進党の会合で「ネクスト総理大臣」としてあいさつする蓮舫氏【拡大】

  • <p>国会では維新の足立氏が二重国籍問題を追及した</p>

 民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題が、ついに国会の場で追及された。日本維新の会が3日の衆院予算委員会で取り上げ、疑惑の核心といえる「日本国籍を選択した日時」について指摘したのだ。同問題で国民にウソをついた蓮舫氏だが、今度こそ証拠を示して明確に答えるのか。

 「もし、(蓮舫氏が最近まで国籍選択を)やっていなかったらウソつきだ」

 維新の足立康史政調副会長はこう言い切った。何と、「ウソ」という言葉を6回も使った。

 維新は国会議員の二重国籍を禁じる、いわゆる「蓮舫法案」を国会に提出済みだ。足立氏は、国籍の取得には「日本国籍の取得」「国籍の選択」「外国籍の離脱」の3段階あることを示し、蓮舫氏が22歳までに国籍を選択する義務(国籍法第14条)を履行していなかった可能性を指摘した。

 台湾籍だった蓮舫氏は、法律改正で1985年に日本国籍を取得したが、「二重国籍」のまま2004年に参院議員に初当選し、10年には行政刷新担当相になり、先月15日、民進党代表に就任した。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。