民進・蓮舫氏、問われる対応 自民・小野田氏が二重国籍で戸籍謄本の一部公開 (1/2ページ)

2016.10.06

二重国籍に関する資料を蓮舫氏は公開するのか
二重国籍に関する資料を蓮舫氏は公開するのか【拡大】

  • <p>小野田議員</p>

 国会議員の「二重国籍」が注目されている。民進党の蓮舫代表に続き、自民党の小野田紀美参院議員も、米国との「二重国籍」状態で、現在、米国籍放棄の手続きを進めていると、自らのフェイスブック(FB)で明らかにしたのだ。小野田氏が「日本国籍選択」を証明するためFBで戸籍謄本の一部を開示したことで、蓮舫氏の対応も問われそうだ。

 安倍晋三首相と蓮舫氏が激突した5日の参院予算委員会の前日、「二重国籍」問題で動きがあった。自民党議員の「二重国籍」が発覚したのだ。

 小野田氏は1982年、日本人の母親と米国人の父親との間に米国内で生まれ、米国籍も取得した。母親の地元の岡山県で育ち、大学卒業後に東京都北区議に当選。2期目の途中で辞職し、今年7月の参院選に出馬して当選した。

 同氏のFBなどによると、参院選に出馬する前の2015年10月に、日本国内で「米国籍を放棄する」と宣言、「日本国籍を選択する」手続きを終えた。蓮舫氏の「二重国籍」問題を受けて最近調べたところ、米国内での「放棄手続き」が終わっていなかったという。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。