釈量子・幸福実現党党首がアンケート 二重国籍問題「全議員が公表すべき」 (1/2ページ)

2016.10.11

釈量子・幸福実現党党首
釈量子・幸福実現党党首【拡大】

 幸福実現党(釈量子党首)は、「国会議員の二重国籍問題」と「国防・安全保障」に関するアンケートを行い、結果と釈党首の見解を発表した。

 アンケートでは、「日本の国会議員が日本以外の国籍を保有すること(二重国籍)は問題と思いますか?」に、「思う」が47・5%。「内閣総理大臣などに二重国籍の国会議員が就任」には「問題と思う」が56・6%に増加。罰則規定も「強化すべきだ」が35%に上った。

 国会議員が二重国籍状態を「必ず公表すべき」「任意で公表すべき」は79・9%で、メディアが積極的に公表を「求めるべき」は52・1%。「二重国籍の国会議員に投票したくない」が43・4%、「国会議員になることを法的に禁止すべき」が41・1%だった。

 釈党首はアンケート結果を受け、「国民の約過半数が二重国籍は問題と回答、内閣総理大臣などに不適格としました。総理になる可能性のある野党第一党(民進党)党首の蓮舫氏に厳格な国籍意識を求めていることがわかります。他にも二重国籍議員の可能性はあり、全議員が公表すべきです」と述べた。

 「国防・安全保障」では、中国への非常に高い危機意識が明らかになった。「中国に脅威を感じますか?」に75・9%が「感じる」。53・8%が「日本の防衛を強化すべき」と回答した。「尖閣諸島に自衛隊基地を設置すべき」は44・5%。「日本政府は尖閣周辺の違法操業外国漁船を拿捕(だほ)すべき」は69・1%だった。

 「昨年成立の安保法制が日本に必要」は43・7%、「沖縄の米軍基地」は51・1%が必要とした。そして57・8%が「日米同盟をさらに強化すべし」とした。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。