東へ西へ「小池劇場」 民進・蓮舫代表、潰されかねない状況に… 衆院補選

2016.10.12

若狭勝候補の応援に駆けつけた小池百合子都知事
若狭勝候補の応援に駆けつけた小池百合子都知事【拡大】

 東京都の小池百合子知事が、衆院補欠選挙でも旋風を巻き起こしている。衆院東京10区と福岡6区の補選(23日投開票)が11日告示されたが、応援弁士として引っ張りだこなのだ。民進党の蓮舫代表にとっては初陣となるが、「二重国籍」問題を引きずり、国民注視の「小池劇場」に潰されかねない状況だ。

 「私の後継者として、若狭さんを圧勝させてほしい」

 小池氏は11日午前、JR池袋西口で行われた前自民党衆院議員、若狭勝氏(59)の第一声に、選挙の戦闘服という「緑」のジャケット姿で登場し、こう呼びかけた。

 数百人の聴衆から「百合子コール」がわき起こり、小池氏がマイクを握ると「待ってました!」という声まで上がった。

 小池氏の都知事転出に伴う東京10区補選には、民進党新人の鈴木庸介氏(40)らも出馬。蓮舫氏は同日午後、JR大塚駅北口でマイクを握る。

 鳩山邦夫元総務相の死去に伴う福岡6区補選は、邦夫氏の次男で、前福岡県大川市長の鳩山二郎氏(37)と、無所属新人の蔵内謙氏(35)という自民党系の新人2人が無所属で出馬する分裂選挙となった。

 小池氏は、邦夫氏と新進党時代からの「ポン友」といい、二郎氏の応援のために10日、同県久留米市入りした。2カ所の街頭演説会場には、小池氏のシンボル・カラー「緑」のパンフレットを持った計約5000人が集まった。

 一方の野党陣営は、共産党が候補者を取り下げ、民進党公認の元チェンナイ日本総領事館職員の新人、新井富美子氏(49)に一本化した。

 「選挙の顔」として選ばれた蓮舫氏は先月22日に久留米入りしたが、集まったのは約1000人。ダブル補選の結果次第で、蓮舫氏の党内求心力に黄色信号がともる可能性もありそうだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。