五輪ボート新疑惑 舛添都政IOCに大ウソ、工事費251億円を「98億円」 仰天の「韓国開催」報道まで (1/3ページ)

2016.10.19

五輪会場問題で“直接対決”する小池都知事(左)とIOCのバッハ会長
五輪会場問題で“直接対決”する小池都知事(左)とIOCのバッハ会長【拡大】

  • <p>舛添前都知事時代の虚偽報告が暴かれるか</p>

 東京都の小池百合子都知事が、2020年東京五輪・パラリンピックの開催費圧縮で勝負をかける。18日午後、IOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長と会談し、競技会場の見直しなどで理解を求めた。「五輪成功」と「都民の負担軽減」を両立させる交渉に注目が集まるなか、舛添要一前都知事の時代、都がボート・カヌー会場「海の森水上競技場」について、虚偽の建設費をIOCに伝えていたという報道が炸裂した。小池氏は「五輪の闇」にも切り込むことになりそうだ。

 衝撃の報道は、毎日新聞が18日朝刊の1面トップで「都、IOCに虚偽報告」「ボート会場 251億円を『98億円』」と報じた。

 同紙によると、「海の森水上競技場」の整備費は招致時は69億円だったが、2013年9月の再試算で15倍超の1038億円まで膨張した。IOCはこれを問題視し、100億円以下に抑えるように要請したという。

 都は再検討の結果、14年11月に総整備費を491億円とし、「本体工事費251億円、周辺整備費86億円」とした。

 ところが、IOCには同時期、森喜朗会長率いる大会組織委員会を通じて、「本体工事費は98億円で、残りの393億円は遺産(レガシー)として残る周辺の公園整備費だ」と説明したという。同紙の取材に、都幹部が「根拠がない数字を伝えた」と説明している。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。