安倍首相特別インタビュー「トランプ氏は『信用できる』」「プーチン氏とは『新しいアプローチ』」…禁アイス耐えられず自らコンビニも告白 (4/5ページ)

2017.01.04

インタビューに応じる安倍晋三首相
インタビューに応じる安倍晋三首相【拡大】

  • <p>安倍首相(左)とトランプ氏は初会談で意気投合した。奥は長女のイバンカさん=16年11月17日、ニューヨーク(内閣広報室提供)</p>
  • <p>安倍首相(右)と、プーチン氏は「自分たちの手で解決する」と語り合った=16年12月16日、官邸</p>
  • <p>2017年の主な政治日程</p>

 −−来年夏の都議選に向けて、「小池新党」がささやかれている

 「小池氏が、どう考えているかは分からない。都議選は重要な選挙だが、地方選挙だ。自民党都連に任せている」

 −−新聞の「首相日誌」を見ると、最近、ステーキ店など肉食が多い。「肉を食べて元気に」という気持ちか

 「ハッハハ…。確かに、肉を食べるとパワーがつくが、私は魚も大好きだ。たまたま、招待されたのが、おいしいステーキ店だっただけだ」

 −−選挙前はカツ丼など、食事でゲン担ぎは

 「カツカレーだね。総裁選のとき、陣営全員でカツカレーを食べたところ、ある新聞に『高い』と批判された。その新聞社のビルに入っているカツカレーの方がもっと高かったらしい(笑)」

 −−食べ物で控えているものは

 「寝る前にビデオを見ながら、アイスクリームやおせんべいを食べるのが好きだったが、妻に『やめた方がいい』と言われてやめている。冷蔵庫からアイスが撤去された」

 −−我慢はストレスだ

 「しばらく前の夕方、どうしてもアイスが食べたくなって近くのコンビニに自分で買いに行った(笑)。SPさんは一緒だったが、番記者は気づかなくて、大変だったらしい。せっかく行ったので、お菓子と飲み物、ボールペンなどを買った」

 −−店員は驚いたか

 「マニュアル通りの対応だった(笑)」

 −−本紙で以前、勧めてくれた百田尚樹氏の小説『海賊とよばれた男』(講談社)が映画化され、大ヒットしている

 「お正月に見たい。小説は読んで感動した。出光興産の創業者、出光佐三氏をモデルにした作品だが、ああいうパワーを今、日本は必要としている。強い意志と夢を持って、何かを成し遂げようという力を必要としている。そういう人たちが次々と輩出される日本にしたい」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。