小池知事、都立広尾病院の移転「白紙」の背景 ヘリポート整備と運用に課題 (1/2ページ)

2016.12.30

小池氏は、広尾病院の移転問題も「都民ファースト」で検討する
小池氏は、広尾病院の移転問題も「都民ファースト」で検討する【拡大】

  • <p>小池氏は、広尾病院の移転問題も「都民ファースト」で検討する</p>

 東京都の小池百合子知事が「都民の命」を最優先させる。都立広尾病院の移転計画を「現時点で白紙」と発言した背景には、災害医療で重要な役割を担う「基幹災害拠点病院」の役割を果たせないという懸念があるのだ。移転先とされる青山の欠陥とは何か。

 「広尾病院の話は、『ヘリポートをどうするか』という観点から考えた方が建設的だ」

 小池氏は25日、フジテレビ系「新報道2001」で、こう語った。青山では、災害時にドクターヘリが発着する「ヘリポート」の整備と、その運用に課題があるというという指摘だ。

 広尾病院の移転計画は、舛添要一前知事の肝いりのプロジェクトとされる。昨年閉館した青山の「こどもの城」跡地を都が購入し、23年度を目標に「首都災害医療センター(仮称)」として移転、新設する。用地買収費は約370億円、総事業費は900億円とも言われている。

 首都直下型地震など大規模災害が発生した際、「被災者の救命医療」「ヘリコプターによる患者搬送」「DMAT(災害医療チーム)の派遣」など、災害医療に行う他の医療機関を支援する重要な役割が求められる。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。