辻元氏、稲田氏に吐き捨て「蚊帳の外大臣」 助太刀の安倍首相には「駆け付け警護やめて」

2017.02.16

衆院予算委員会で、民進党の辻元清美氏(左)の質問に答弁する安倍晋三首相。右奥は稲田朋美防衛相=14日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)
衆院予算委員会で、民進党の辻元清美氏(左)の質問に答弁する安倍晋三首相。右奥は稲田朋美防衛相=14日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)【拡大】

  • <p>衆院予算委員会で、民進党の後藤祐一氏の質問に、稲田朋美防衛相(左)に続き答弁に立つ安倍晋三首相=14日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)</p>
  • <p>衆院予算委員会で民進党の後藤祐一氏の質問を聞く稲田朋美防衛相=14日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)</p>
  • <p>進党の辻元清美氏の質問に答弁する稲田朋美防衛相=14日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)</p>

 民進党や共産党は14日の衆院予算委員会で、稲田朋美防衛相に集中的に質問を浴びせた。辻元清美氏は、南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報の問題に絡み「シリアの内戦は『戦闘』か『衝突』か」と定義をただした。だが、稲田氏は「法的な評価をしていない」などと曖昧な答弁に終始した。

 長島昭久氏は陸上自衛隊の垂直離着陸輸送機V22オスプレイの調達計画を尋ねたが、稲田氏は満足な答弁ができず、審議はたびたび中断。後藤祐一氏と共産党の笠井亮氏は稲田氏の辞任を求めた。

 民進党の山井和則国対委員長は記者会見で「稲田氏の資格は極めて疑わしい。審議で厳しく問いただしたい」と宣言。予告通り民進党議員は次々と稲田氏に焦点を当て、資質をあぶり出す目標は達したようだ。

 もっとも、稲田氏が答弁に詰まるたびに安倍晋三首相が“代打”として積極的に登場。ペースを狂わされた後藤氏は「『駆け付け警護』はやめて」と訴え、辻元氏は「首相に助けてもらわないと答弁できない。『蚊帳の外大臣』と言われかねない」と吐き捨てた。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。