共産・小池氏、駐韓大使帰任「そもそも大使召還は適切ではなかった」 野党、対北朝鮮で「現実的判断」

2017.04.04

 政府が3日、一時帰国させた長嶺安政・駐韓大使らの帰任を決めたことについて、野党からは、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮情勢を踏まえ「現実的な判断だ」(民進党幹部)と、理解を示す意見が相次いだ。

 民進党の野田佳彦幹事長は記者会見で「韓国大統領選が始まり、北朝鮮の不穏な動きが加速するとの見方もある。韓国と連携を図ることは極めて大事だ」と指摘した。

 共産党の小池晃書記局長は「そもそも大使召還という一方的措置は適切ではなかった。冷静な話し合いで解決を図るべきだ」と強調した。

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は取材に「日韓合意が前進していない。帰任後も慰安婦少女像の撤去について、合意の進捗を強く求めていくべきだ」と注文を付けた。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。