加計学園問題「怪文書」仕掛け人、「官邸に恨みを持つ元文科省幹部」 蓮舫氏「内閣総辞職に値する内容」 (1/2ページ)

2017.05.19

再び文科省に激震が走るのか
再び文科省に激震が走るのか【拡大】

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が、国家戦略特区に獣医学部を新設する計画をめぐる「文書」が注目されている。朝日新聞は17日、文部科学省の内部文書として「安倍首相の意向」の可能性を報じたが、菅義偉官房長官は記者会見で「怪文書」といい、事実関係を否定した。すると、朝日新聞は18日朝刊で新たな文書を報じたのだ。安倍首相が示した憲法改正との関係とは。永田町では、官邸に恨みを持つ「仕掛け人」の存在が指摘されている。

 「官僚による究極の忖度(そんたく)があったならば、内閣総辞職に値する内容だ」「極めて異例な行政側の措置が講じられたと言わざるを得ない」「疑惑は一層深まっている。事実関係を早急に調査すべきだ」

 民進党の蓮舫代表は18日午前の記者会見で、こう語った。自身も「二重国籍」問題を抱えているが、他者への批判はピカイチだ。

 菅氏は前日、「怪文書みたいな文書」と突き放したが、18日午前の記者会見でも、朝日新聞の「文書」を「出元も分からない、信憑性も定かでない。こういうことには変わりはない」と発言。そのうえで、「内閣府にも確認したが『官邸の最高レベルが言っている』とか『総理のご意向』だとか、そういう事実はない。総理からも指示は一切ない」と語った。

 夕刊フジも最初の文書は入手した。役所メモの基本である「作成者」「相手方」「日時」「場所」が記されていなかったが、朝日新聞が18日報じた文書には、日時や出席者などがあり、《これは官邸の最高レベルが言っていること》《山本(幸三)大臣も『きちんとやりたい』と言っている》と記されていた。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。