地に落ちた文科省!前次官「出会い系バー通い」直撃 霞が関幹部「別幹部の名前など出たら再起できない」 (1/2ページ)

2017.05.24

前川前次官のスキャンダルで揺れる文科省
前川前次官のスキャンダルで揺れる文科省【拡大】

  • <p>前川前次官</p>

 永田町・霞が関で、文部科学省の地位がまた失墜した。読売新聞が22日朝刊で、前川喜平前事務次官(62)が在職中、東京・歌舞伎町の「出会い系バー」に入り浸っていたとスクープしたのだ。同店については、夕刊フジにも「複数の文科省幹部が出入りしていた」「その中に、学校法人『加計学園』(岡山市)をめぐる『文書』の仕掛け人がいるようだ」との情報が寄せられ、取材を進めていた。

 「教育行政トップとして不適切だ。今回のハレンチ醜聞のダメージは計りしれない」

 ある文科官僚は22日、こう語った。省内には重苦しい雰囲気が漂っているという。

 菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で「事実関係について政府としては承知しておらず、コメントは控えたい」と語った。「恥ずかしくてコメントに値しない」というのが本音ではないか。

 前川氏は1979年に東大法学部を卒業後、旧文部省に入省。官房長や初等中等教育長、文部科学審議官などを経て、昨年6月、事務方の頂点である次官に上り詰めた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。