MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

スポーツホーム > スポーツ > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

引退断り浦和退団、ただいま就活中…岡野雅行(上)

真相直撃インタビュー「気になるあの人、あの話題」

 折からの不況はJリーグをも直撃。サッカー日本代表を初めてW杯に導くゴールを決めた、野人こと岡野雅行(36)でさえ、失業の危機にある。オフに所属する浦和からの引退の勧めを断って退団。引く手あまたと思いきや、いまだオファーはゼロだ。「野人は死なない」と現役に意欲を燃やす一方で、「このままではJリーグがヤバイです」と、日本サッカーの将来を危ぶむ。(聞き手=夕刊フジ編集委員・久保武司)

 −−サッカー界も経済危機のあおりはある?

 「不況ですか…。凍みてます。オフに戦力外通告を受けた30代の選手はみんなタイミングが悪い時に不況になってしまったと話してる」

 −−まさか岡野君も

 「オファーは1つもない。入団交渉どころか、金額提示もどこからも受けてません」

 −−日本代表を初めてW杯に連れて行った男なのに

 「イメージって怖いですねよ。岡野ならたくさんオファーがあると思われていたみたいで…。監督の言うことを聞かないとか、生意気とか見られているのかな? 他の選手に聞いてもらえば、そんなことないのはわかると思うんですが…」

 −−不況の影響?

 「完全にサッカー界にも不況が来ちゃってますね。でも、多くのJクラブのフロントがお金がないから若手に切り替えるというのはどうかと思う。お前は実力がない、とクビになるのはわかる。でも今のJリーグはサッカーがまだできるのに、高い年俸だからといって30代の選手から切っていく。まさに派遣切りと同じ。ちょっと待ってくれ! と言いたくもなります」

 −−そうだったんですか…

 「確かに(昨季推定年俸5000万円の)僕らよりも年俸210万円から契約できるユースの選手の方が安上がりです。でも、プレーの質も落ちるでしょ? お客さんは高いお金を払って見に来てくれるんです。子供たちにもJリーグに夢があるなんて、とても言えない」

 −−確かに

 「チーム名までは言えないんですが、(昨年)Jリーグで給料の遅配があったクラブがあるんです。それも何カ月も。われわれはプロですよ、プロ。契約書にちゃんと年俸も書いてある。それでも払えないから待ってくれとは…。あるオーナーの方が言ってました。サッカーのクラブをやりたくてやったけど、いざ内情を知るとビックリ、普通の会社ならとっくに倒産していると」

 −−それでも野人は負けない?

 「僕らはサッカーが好きだから、やってる。僕は大きなけがもしていない。今年も血へどを吐くような自主トレをしてきた。今すぐにでもプレーできる。若い子にも絶対負けない」

 −−もし岡野君がJリーグのチェアマンならどう改革したい

 「ズバリ、(現在18チームの)J1を10クラブにします。J1昇格の条件を高くして、あとはJ2の裾野を限りなく拡大する。そうすればJ1でプレーする選手のほとんどが億万長者になれる。スーパースターにもなれる。今のJ1でもうかっているクラブは5つぐらいでしょ? 犬飼さん(現日本サッカー協会会長)にはレッズ時代にお世話になったから、生意気言うなと言われちゃうかも(笑)」

ZAKZAK 2009/01/31