MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

スポーツホーム > スポーツ > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

日本は顕微鏡野球、日程も不公平…韓国メディア批判

マスコミの力も影響?

 歴史的な韓国戦コールド勝ちをおさめた日本代表について、9日の決勝戦での再対決を前に韓国メディアが“顕微鏡野球”と呼んで批判している。データ収集を積極的に行ってきた日本代表の戦略がせせこましいといわんばかりだ。また、東京ラウンド日程を“日本に有利で不公平”と異議を唱えるなど、にわかにライバル心が過熱中。ともに米国大会進出が決定し、WBC名物日韓戦はここからが本番だ。

 北京五輪で日本打線を封じ込めた左腕、金広鉉が完全に打ち崩された韓国。韓国紙世界日報は、日本打線爆発の原因が徹底的なデータ収集にあったと分析している。

 「緻密な日本野球に崩れた。原ジャパンはこれまで苦手にしてきた金の集中分析に相当の時間を割いた。まるで顕微鏡をのぞき見るように頭からつま先までみな暴いた日本は結局、金を崩すのに成功した。金が日本の打者を料理した主な武器は落差の大きなスライダーだったが、日本のスコアラーはタイミングを合わせるための対応策をとったわけだ」

 1日に来日した韓国代表が成田に到着した際、日本人記者が金を集中取材したことや、事前のテレビ番組でも分析されていたと指摘。また、2日の西武との練習試合の翌日には、スポーツ新聞が「金の弱点をみつけた」などと報じたことなど、日本マスコミの力も勝敗に大きく影響したと判断している。

 韓国でもテレビ中継などでWBCは盛り上がっている。KBSも「日本キラーと呼ばれて韓日戦のヒーローだった金は今回は通じなかった。顕微鏡野球と呼ばれる日本は金を徹底分析して成功した」としている。

 金は日本側が偵察に力を入れていたことに、「それでは反対にいけばいいでしょう」と意に介さない様子だったが、1回に内川に決め球の内角球を適時打されて、全く力を出せなかった。「その前のスライダーがボールになるのを見送ることができたので、いけると思った」と8日の練習日に内川も金の球筋を見切っていたことを認めている。

 また、韓国側が力を出し切れなかった理由として指摘しているのが日程。「他の大陸別ラウンドで先に1試合をやって休むところはない。日本は中国を破って最高のコンディションを維持したし、韓国の台湾戦を観戦して攻略法を構想した」などと中央日報など韓国紙が揃って報道。投手に球数制限や登板日の間隔制限がある関係で、日本が東京ラウンド初日に試合を行ったのは有利であるとしている。

 また、2006年前回大会で30年発言で韓国を感情的に敵に回したイチローが、今大会では謙虚な発言をしていることも大きく取り上げられている。

 「前回と違ってイチローの発言が謙虚になっている。前回は30年発言のほかにも、韓国戦敗戦後、英語でののしったり、最大の屈辱だと話すなどしたが、今大会では全く違う姿。韓国戦の勝敗は紙一重だと慎重に語っている」(韓国スポーツサイトOSEN)。

 前回大会での日本のように東京ラウンドで負けても優勝できるのがWBC。日本代表の原辰徳監督(50)も「金とはまだこれから何度も戦うことになる」と警戒心を強めており、日韓対決はさらに熱く燃え上がることになる。

ZAKZAK 2009/03/09

韓国

スポーツニュース

もっと見る