MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

スポーツホーム > スポーツ > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

監督までTBSに売却?! 「横浜・野村監督」待望論

楽天優勝でも続投ビミョ〜

 楽天が株に続いて、ノムさんもTBSに売却する!? 楽天は5日の日本ハム戦(札幌ドーム)で、延長11回の末、9−6で勝ち、球団創設5年目で初の開幕3連勝。野村克也監督(73)は南海時代の1976年以来、33年ぶりとなる最高のスタートを切った。今季優勝しても楽天との再契約が微妙な野村監督に対し、不振の横浜の親会社であるTBSが急接近。来季「横浜・野村監督」が、現実味を帯びてきた。

【密着ラブコール】

 開幕前、評論家諸氏の予想では最下位オンパレードの楽天が開幕3連勝。試合後、「どうですか、この3連勝?」と聞いてきた野村監督に対し、記者が正直に「まさか…」と答えると球界最年長監督は高笑い。

 「まさかか、やっぱり。夕刊フジは、まさかやて。失礼な。内容からいって、当然の3連勝やろ」。野村監督にとって、開幕3連勝は過去2度あり、南海の兼任監督だった73年は優勝、76年も2位といずれも好成績。何とも縁起のいいデータといえる。

 しかし、今年ばかりは野村監督の胸中は複雑だ。開幕前日2日、今年の目標について「ラストチャンスなんでね。球団から『引退の花道をつくってくれ』と。優勝して辞めてくれ、ということだろうけど。今年は何としてもAクラスに入りたいという願望が強いが…」と話した。昨季で3年契約が切れ、今季の1年間だけ契約を延長したが、Aクラスどころか、優勝しても来季続投の保証はないということだ。

 そんな、ビミョ〜な野村監督の前にタイミングよく現れたのがTBSだ。監督通算1500勝にあと9勝と迫った野村監督をTBSは開幕から密着取材。普段は絶対にマスコミが入れないミーティング会場でも、野村監督の許可のもと、カメラを回している。

【「あのキャラは捨てがたい」】

 このように野村監督もTBSに極めて協力的。開幕3連勝がかかるこの試合前のベンチで、TBSの枡田絵理奈アナのインタビューを受ける大サービスだ。こんな光景から推測できるように、TBS内に「横浜・野村監督」待望論が沸き起こっているというのだ。

 確かに、横浜の親会社のTBSにとって、野村監督は魅力的な存在だ。横浜は、昨年セ・リーグで94敗という記録的な大敗を喫し最下位に沈んだ上に、今季も中日相手に開幕3連敗。地味な大矢監督に比べ、マスコミ受けするボヤきが名物となっている野村監督の楽天のメディアへの露出は横浜の比ではない。

 監督としての手腕も確かとなれば、「横浜・野村監督」待望論が起こっても不思議ではない。

 これについてTBSは「今回の密着取材と、横浜の監督問題とは一切関係ありません」とキッパリと否定するが、別の関係者は「あのキャラクターは捨てがたい。横浜の監督になってくれれば最高」という。野村監督は「TBSなんて、縁もゆかりもないわ」と話すが、2001年に阪神監督を辞任し、一度は野球界から消えかけていたところを、再び起用したのはTBSの番組だった。「オレはセ・リーグの方が向いている」と漏らしたこともある。

 楽天本社は先月、筆頭株主だったTBSの買収を断念し、19%強保有していた株をすべてTBSに売却すると発表。株に続いて監督もTBSへ…となりかねない状況だ。

 来季横浜監督の可能性がやる気につながっているのか、野村監督は“絶口調”。「(北朝鮮の)ミサイルどうした? 太平洋に落ちた? 楽天ミサイルはどこに落ちるか? 仙台のド真ん中か。落ちてこないで、世界一周するか」とロケットスタートを予告した。

 もはや、心配は開幕戦から験を担いで履き続けているエンジ色のパンツを替えられないことぐらい。「パンツ履き替えられへんな。におう? 楽天カラーと同じ色や。出そうか」とズボンのチャックを開けようとする大暴走ぶりだ。

 もちろん楽天が、野村監督を勇退させようとしても、ファンや選手は納得しない。決勝打を含む4安打、1本塁打、5打点の中村紀の「監督に1年でも長くやってもらいたい」という発言を聞いた野村監督は「涙が出るわ」と感激したが…。

 楽天の快進撃とともに、野村監督の戦いぶりと複雑な関係にある横浜、TBSの動きからも目が離せない。

【楽天の過去の開幕カード成績】

【2005年】6位

対ロッテ(千葉マリン)

3月26日〇3−1

  27日●0−26

  28日●1−6

【2006年】6位

対日本ハム(札幌ドーム)

3月25日●1−3

  26日●2−5

【2007年】4位

対西 武(グッドウィル)

3月24日●2−5

  25日〇9−2

【2008年】5位

対ソフトバンク(ヤフードーム)

3月20日●3−4

  22日●4−5

  23日●0−4

【2009年】?位

対日本ハム(札幌ドーム)

4月 3日〇3−1

   4日〇6−5

   5日〇9−6

*年の右は年間順位

ZAKZAK 2009/04/06

野村克也

スポーツニュース

もっと見る