MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

スポーツホーム > スポーツ > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

ヤクルトはGの下請け!? ラミ&グラに白星まで…

 今季もヤクルトが、巨人の“下請け”の役回りに甘んじるようでは、セ・リーグ巨人1人勝ちの構図は強まる一方だ。

 昨季はグライシンガーとラミレスの両助っ人を引き抜かれた上に、6勝18敗と大きく負け越し、巨人の「メークレジェンド」に大いに貢献してしまったヤクルト。21日に長崎県営球場で行われた巨人戦は、数字の上では1ゲーム差の首位攻防戦。ところがいざフタを開ければ、またも昨季の屈辱が繰り返された。

 巨人は、初回にラミレスが先制打を放つと、あっさり3得点。援護を得た先発のグライシンガーはキレのある直球を軸に11三振を奪い、3安打完封。二塁を1度しか踏ませず、試合時間2時間31分の省エネ野球だった。

 ヤクルト先発は、元巨人のベテラン木田だったが、こちらは古巣の返り討ちに。これまた巨人V9戦士のヤクルト・高田監督は「立ち上がりが悪いね。年がいもなく緊張するんだろうな」とガックリ。勝っても負けても常にスマートな対応の高田監督には珍しく、「点差以上に…」と言いながら早々に会見を打ち切り、バスに乗り込んだ。

 点差以上に、ショックが大きい1敗だ。絶対にやり返さなければいけないグライシンガーとラミレスにまたもやられた。

 これでグライシンガーには昨季から7連敗。入念な対策を練ってきたはずだが、佐藤打撃コーチは「前回(15日)はあと1本出なかったが、今日は走者も出なかった。工夫していかないと…」。いまだ攻略の手応えは得られない。

 昨季散々打ち込まれたラミレスに対しても、荒木投手コーチは「ウチが一番よく(ラミレスを)知っている。去年はウチの投手が狙ったところに投げきれなかっただけ」と語っていたが、肝心の“投げきれる投手”がそろわない。

 選手層が厚くなり、昨季以上の健闘を見せているヤクルト。だが、主力外国人を配給するだけでなく、他球団相手に作った貯金を巨人戦ではき出すようでは…。巨人にとって、昨季以上に都合のいい“下請け”となりかねない。

ZAKZAK 2009/04/22

ヤクルトスワローズ

スポーツニュース

もっと見る