MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

スポーツホーム > スポーツ > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

ロッテ「東京移転」は交渉カードか…千葉と関係悪化

新施設建設めぐり

 お家騒動に端を発し、本拠地移転説まで降ってわいたロッテ。球団側は断固否定するが、地元自治体との関係がぎくしゃくしているのもまた事実だ。具体的な移転先も取りざたされるが、球界再編問題の際に起きた「福岡ロッテホークス」構想と同じように、移転話が“交渉カード”として利用される可能性もある。

 先月下旬に勃発したロッテの怪文書騒動。マスコミ各社に送られた「社長ミーティング議事録」なる文書には、球団幹部が千葉からの本拠地移転に言及した内容が記されていたが、球団側は急遽会見を開いて完全否定。重光昭夫オーナー代行(54)は「千葉に愛着を持っている。結構なお金を投資し、今まさに球場近くに室内練習場を建てようというとき。根付くことはこれからも変わりない」と移転話を一蹴した。

 ただし、その室内練習場を巡り、ロッテと地元自治体との間に摩擦が生じている。現行施設は千葉マリンスタジアムから遠く、選手から球場近くに新施設の建設を求める声が高まっていた。球団側は1月、総工費約2億円をかけて開幕前に竣工させる意向を示したが、土地を所有する千葉県などとの折衝が難航、計画自体が頓挫しつつある。

 いかなる思惑を持った勢力が、今回の移転話を広めたいのかは不明だ。ただ、球団にとって移転をちらつかせることは、行政側との交渉で有効なカードともなりえる。

 両者の間には2004年にも似たような空気が流れていた。収益向上のために千葉マリン場外での露店営業や外野フェンスの広告掲出など、より弾力的な活用を求めるロッテに対し、行政側は公共施設であることを理由に当初難色を示した。だが球界再編問題という“神風”が吹いた。ロッテが千葉を離れ、経営不振のダイエーに代わって福岡でホークスの親会社となる「福岡ロッテホークス」構想が持ち上がると、危機感を抱いた行政側も球団の要望を大幅に受け入れた。さらに2006年4月から5年契約で、ロッテが同球場の指定管理者となっている。

【ドーム側は渡りに船】

 前回の“神風”は福岡発だったが、今回はどこから吹きこもうとしているのか。水面下でささやかれるのが、東京ドームだ。同球場は1988年の開場から2003年まで、巨人と日本ハムの本拠地として高い稼働率を誇ったが、04年に日本ハムが札幌に移転。もしロッテが東京ドームで試合をしてくれれば、運営会社には渡りに船というわけだ。都内にパ・リーグの球団がない現在、日本ハム・ダルビッシュや楽天・田中といったスターを都心で見る機会は交流戦などに限られており、営業面でも勝算が立つ。関係者によれば、梅雨時などを中心に20試合程度の主催試合を行う案も検討されているという。

 移転説は根も葉もないうわさか、単なる交渉カードか、それとも…。

ZAKZAK 2009/05/07

ロッテマリーンズ

スポーツニュース

もっと見る