MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

スポーツホーム > スポーツ > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

巨人が高校野球に負けた!ヤクルト球場探しの“窮状”

高校野球の予選が優先に

 巨人戦が高校野球の県大会に負けた?! 首位の巨人に2ゲーム差に迫った2位のヤクルトは、26日から東京ドームで首位攻防3連戦を行う。さらに2週間後にはヤクルト主催で7月14日は福島、15日に神宮という変則日程で原巨人と激突するが、この福島での開催をめぐって、今まででは考えられないような事態が持ち上がった。

 ヤクルトのある球団幹部は「国鉄時代は知らないが、少なくともヤクルトになってから、巨人戦の主催試合を地方でやるのは初めて」という。

 ドル箱カードだった神宮での巨人戦も、今は昔…。今季は4月15日が2万72人。16日が1万6952人と満員(3万3000人)にはほど遠い。昨年は開幕戦(2万7045人)でも満員にならず、3万人超えも5月の連休の2試合だけ。ついに「巨人ブランド」を頼りに地方開催に踏み切ったというわけだ。

 しかし、この福島開催は、当初の予定から大きく変更されて組まれたものだという。「本当は秋田(こまち球場)で2試合ともやる予定でいたが、その日は高校野球の秋田大会が入っていて…。『高校野球を県内の別の球場でやれないか』と頼んだが断られ、福島での1試合開催に切り替えた」と球団幹部は変則日程にせざるを得なかった裏事情を明かす。

 そもそもヤクルトは、秋田こまち球場が開設された2003年から6年連続で公式戦を開催。すでに恒例となっている上に、今年は満を持しての巨人戦となるはずだったが…。完全に秋田にフラれる格好となってしまった。

 「巨人の人気がある頃なら、(秋田でも)少しは融通は利いたと思うけど」と、ある球団関係者。球団内部では、秋田はじめ地方での巨人ブランドの予想以上の凋落ぶりに、衝撃が走ったという。

 かつて地方で巨人戦が開催されるとなれば、平日のデーゲームでも前売り券は即日完売。球場も仕事そっちのけで駆け付けるファンで超満員となったもの。今や巨人戦よりも高校野球の地方大会の方が県民にとっては、有り難いイベントというわけか。

ZAKZAK 2009/06/26

巨人

スポーツニュース

もっと見る