MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

スポーツホーム > スポーツ > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

東尾修「おめでとうじゃないよ!」…娘熱愛に複雑

次期監督報道後、初の解説に登場

東尾氏(クリックで拡大)

 女子プロゴルファーの東尾理子(33)と俳優、石田純一(55)の交際が報じられ、一躍注目されることになった理子の父で元西武監督の東尾修氏(59)。15日には西武Vs楽天戦の解説で西武ドームに登場。次期楽天監督候補と報じられてから初の楽天戦だったが、一人娘の「結婚」報道でそれどころではない大騒ぎに。東尾氏は無言を貫いたが、自身の監督復帰と愛娘の結婚。果たしてダブルでオメデタとなるのだろうか。

 交際報道が飛び出した日に東尾氏は、何ともタイミングがいい(?)ことに、文化放送「ライオンズナイター」の解説のため西武ドームを訪れた。

 東尾氏は報道陣に囲まれたものの、何を聞かれてもダンマリ。笑顔で対応した理子とは正反対で、おめでたい話題とは思えぬ雰囲気をかもしだしていた。

 球場入りすると、弟分である西武・渡辺久信監督がいる監督室へ直行。渡辺監督は「(東尾氏は)複雑かもしれないけど、涙ぐんでいた」と冗談半分にやりとりを明かした。

 放送ブースでは他局の解説で訪れていた元西武の大塚光二氏、デニー友利氏が、「監督、おめでとうございます」とあいさつすると、「おめでとうじゃないよ!!」と反発したというから、穏やかではない。

 さらに、東尾氏は石田と一緒にゴルフをプレーする仲だが、交際を報じたスポーツ紙を読みながら、「2005年から交際」には「こんなの違うよ」。「家族ぐるみで交際」には「向こうの家族っているのか?」などと、細かくチェックしていたという。

 同局からは「おめでたい話題なので」と促されたが、中継で交際の話題はNG。自分と4歳しか違わず、娘と22歳も離れている石田との結婚はもろ手を挙げて大歓迎とはいかないのか、胸中は複雑のようだ。

 交際を聞いた楽天・野村克也監督は「それはマジな話か? 石田純一って女たらしなんだろ? すぐ飽きられるよ」と核心を突いたようなコメント。

 楽天としては、次期監督と報じられている東尾氏が見守る前での試合となったが、目の前で西武先発の涌井から5安打しか打てず、0−5で完封負けを喫した。

 野村監督は、東尾氏が解説と知ると「次期監督だからな。あいつ、しゃべれるのか? あれは(野球を)何も知らないだろ。飲んだくれてるか、バクチ打ってるかだろ」とボロクソ。いくら次期監督でも、こんな試合を見せられたら逃げだしかねないが、野村監督は「逃げださんやろ」とやる気満々であると睨んでいる。

 果たして娘の結婚を許すのか。古巣の西武に歯が立たない楽天の監督を受けるのか。東尾氏には、いろんな意味で追い風が吹いているのは間違いなさそうだ。

ZAKZAK 2009/07/16

スポーツニュース

もっと見る