MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

スポーツホーム > スポーツ > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

オバマ“おばさんジーンズ”…始球式、全米で大不評

テレビ番組で異例の謝罪

オバマ大統領(AP、クリックで拡大)

 大リーグオールスター戦(14日)で、始球式を行ったオバマ米大統領=写真、AP=のファッションが“おばさんジーンズ”と米国内で揶揄されている。オバマ大統領は21日、TV番組に出演し、「期待を裏切って申し訳ない」と異例の謝罪をしている。

 地元シカゴ・ホワイトソックスのジャンパーにジーンズというカジュアルな姿で登場したオバマ大統領。サウスポーからさっそうとノーバウンドの見事な投球をみせた。しかし、米国民が気になったのは、オバマ大統領がはいていたダボダボのブルージーンズだった。

 翌日からネットなどで、「オバマはマム・ジーンズ(かあちゃんのジーパン)だ」と反響が殺到。米各紙もこれを取り上げ、ロサンゼルスのサンノゼ・マーキュリー紙は「ストライクが投げられなかったのはマム・ジーンズだったからか?」などと疑問を投げかけた。

 マム・ジーンズとは、あまり格好がよくないとされる年配女性用の股上が深い太めのジーンズのこと。折り目があり、丈が短かったことも、ジーンズ発祥のお国柄の米国では低評価だった。

 オバマ大統領は米NBCのニュース番組「Today」に出演し、ジーンズについて問いただされる事態に発展。「私は少し時代遅れなんだ。買い物が嫌いだし。あのジーンズがはきやすいんだ」と説明した。

 ミシェル夫人は、着る洋服が飛ぶように売れるといわれるファッションリーダーだが、大統領自身はあまり流行にこだわらない主義であることも強調。2年前までスーツも4着で過ごしていたことも明らかにし、衣服についてはあまり「チェンジ」しないタイプだった。

 しかし、最後には結果的に期待を裏切ったことに言及。「大統領はタイトなジーンズで決めた方が格好良く見えるとおっしゃる方には、申し訳なかった」と異例の謝罪までするはめになっていた。

ZAKZAK 2009/07/23

オバマ

スポーツニュース

もっと見る