ヤクルト・真中監督に温かい歓声「ファンの声援のおかげで全うすることができた」

試合終了後、ファンの声援に涙ぐみながら応えるヤクルト・真中監督=神宮

 (セ・リーグ、ヤクルト6-10巨人、25回戦、巨人17勝8敗、3日、神宮)ヤクルトは6-6の九回に秋吉が満塁本塁打を浴びるなど救援陣がつかまり、球団ワーストの96敗目を喫してシーズンを終えた。今季限りで退任する真中監督は最後を白星で飾れなかったが、試合後のセレモニーではファンから温かい歓声に包まれた。

 就任1年目だった2015年の優勝した場面などがスクリーンに映し出されると涙をこらえ切れず「最後までふがいないシーズンだったけれど、ファンの声援のおかげで全うすることができた」と客席へあいさつ。同じく退任する伊藤投手コーチとともに、選手から胴上げで送り出された。