日本ハム、武田久の退団を発表「ファイターズのおかげで今の自分がある」

 日本ハムは5日、3度のセーブ王に輝いた武田久投手(38)の退団が決まったと発表した。今季は7試合の登板にとどまり、今後は他球団でのプレーを目指す。武田は球団を通じ「ファイターズのおかげで今の自分がある。とても感謝している」とコメントした。

 徳島・生光学園高から駒大、日本通運を経て2003年にドラフト4位で日本ハムに入団。救援としてチームを支え、06年には最優秀中継ぎ投手、09、11、12年には最多セーブを獲得した。通算成績は534試合に登板して31勝30敗167セーブ、防御率2・61。