【江尻良文の快説・怪説】原氏に巨人監督再々登板待望論 球界長老OB「高橋では来季も勝てない」

またもや待望論が沸き起こっている原氏(右)。高橋監督(中央)への帝王学伝授は時間が足りなかったか

 巨人が11年ぶりのBクラスに沈み、球界長老OBが切迫した原辰徳氏(59)3度目の監督就任待望論をぶち上げている。

 「巨人は本気で優勝したいのならば、原監督しかいないだろう。高橋監督では来季も勝てない。天才打者は監督には向かないんだ」と。

 2リーグ分立後の巨人の監督で2度登板したのは、原氏以外には長嶋茂雄終身名誉監督と、ONの辞任後に緊急登板した藤田元司氏(故人)しかいない。

 巨人の宿敵の阪神では、吉田義男監督が3度登板しているが、原氏が巨人史上初の“再々登板”を果たすのか。

 状況的には可能だ。ラストチャンスになるかもしれない2020年東京五輪での金メダル獲得のために、侍ジャパン・原監督が最有力候補に挙げられていたが、最終的に実現しなかった。

 巨人監督としてリーグ優勝7回、日本一3回、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第2回大会で世界一。常勝監督のキャリアを高く評価されての20年東京五輪侍ジャパン監督が幻に終わったのだから、3度目の巨人監督就任に障害はないはずだ。

 もっとも、原氏サイドには巨人側のバックアップ体制に対する不信感が根深いという。第1次政権では就任1年目の02年にいきなりリーグ優勝、日本一になったのに、当時の球団代表と衝突してわずか2年間の短命で終わった。同じく2年間で退団した堀内恒夫監督の後を受けて再登板。10年間もの長期にわたった第2次原政権下でも、親しい球界関係者にこう漏らしていた。

 「僕には全面的にバックアップしてくれるフロント体制がない。球団側の強力な支援がある監督を見るとうらやましい」

 そんな経緯もあってか、「僕の後の監督は由伸にやってほしい。帝王学を授けたい」と、第2次政権最終年になってしまった15年、高橋を兼任打撃コーチに就任させている。誤算は数年かけて帝王学をマスターさせ、政権禅譲するつもりが、わずか1年間で終わってしまったことだろう。

 来季は3年契約最終年で土俵際の高橋政権。4年ぶりのV奪回が実現しなければ、原氏が巨人史上初の3度目の監督登板を果たす可能性が膨らみそうだ。(江尻良文)

Read more