記事詳細

面食らった!すっ飛んでいくロッテ・デスパイネ砲 かつてのカブレラ、T・ウッズに匹敵 (1/2ページ)

 今季のペナントレースのゴールが迫る中、横浜DeNAは三浦大輔投手の現役引退という寂しいニュースがありましたが、ファン待望のクライマックスシリーズ初出場を決めました。

 打者では筒香選手がチームを引っ張りましたが、ロペスも奮起して33本塁打、92打点。2年前に巨人から移籍しましたが、今季は古巣相手にも活躍。巨人ファンの方はギャレットが今ひとつだっただけに、歯ぎしりされているのでは?

 そしてストーブリーグが開幕。まずは外国人選手の去就が注目されますが、ロッテ・デスパイネ選手についてさまざまなことが報じられています。

 今季、彼の打撃には何回か面食らいました。この仕事を30年近くやっているので、実況していると打った瞬間にある程度(あくまである程度です)打球の飛距離に想像がつくのですが、この人の打球は、この角度で、この方向で本塁打? ってことがあるのです。

 外国人選手にはボールがひしゃげてしまうのでは? という打球を飛ばす選手がいますが、デスパイネ選手の打球は叩いて飛ばしているというより、竜巻に巻き込まれたボールが吹き飛ばされてすっ飛んでいくようなイメージ。スイングが速いんでしょうかね。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう