記事詳細

似ている実況と審判の仕事 スポットが当たるのはミスをしたときばかり (1/2ページ)

 日本シリーズ、日本ハムが札幌で巻き返して、がぜん盛り上がってきましたね。

 ただ今回は野球の本筋とは少し違った話。第1戦のテレビ中継を担当した某局の実況アナウンサーのミスが、ネット上でいろいろと言われた件について書かせていただきます。

 率直に言って同業者としては同情します。もちろんミスを肯定するつもりはないし、極力なくさなきゃいけないのが大前提です。ただ、野球の実況中継って3時間以上、筋書きのない目の前のプレーを即時に伝え、同時に解説やゲストの方にも気を配りながら手元の資料もチェックしなければならないんです。

 そういう中で言い間違いや勘違いによるケアレスミスをしてしまうことは、残念ながら1試合に何回かは必ずあります。私も第1戦の実況中、1度だけなぜか黒田投手のことを大野投手(!)と言ってしまい、ディレクターから指摘されて慌てて訂正しました(汗)。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう