記事詳細

1・28ビッグイベント 伝説の川崎球場へタイムスリップ (1/2ページ)

 ロッテの本拠地QVCマリンフィールドが、今年からZOZOマリンスタジアムに呼称変更となります。実況アナとしては慣れるまで間違えないように気を使うことになりそうです(汗)。

 ところで、ロッテが1991年までフランチャイズにしていた川崎球場がいまどうなっているか、ご存じですか?

 富士通スタジアム川崎という名称で今も残っているのです。ただし野球場ではなく、主にアメフト用として。

 両サイドにゴールポストがそそり立ち、グラウンドにアメフトサイズの白線、おまけに観客席は内外野ではなく正面&バックスタンドですから、見た目は様変わりしましたが、実は随所に川崎球場の面影があります。

 ナイター用の照明灯はあの頃のまま。ライト側の外野フェンスは、上から塗装が施されていますが、うっすらと昔のスポンサー名を読み取ることができる上、狭さをカバーするためにフェンスの上に設けられた高さ5メートルの金網もそのまま残っています。

 スタジアムは現在、富士通がスポンサーとなっているサッカーの川崎フロンターレが管理していますが、職員の皆さんの計らいで時おりファンの皆さんと場内を巡るスタジアムツアーなど、当時を懐かしむイベントが行われているんです。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう