記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】福岡で「侍タクシー」快走なるか WBC壮行試合の集客苦戦…小久保監督に「厳しい現実」

 侍ジャパンの事業会社であるNPBエンタープライズが2月28日、3月1日に開催する壮行試合(侍ジャパン対台湾プロ野球選抜=福岡ヤフオクドーム)の盛り上げ策として、異例の“動く広告塔”を発表した。

 福岡を中心にタクシー事業を展開している「第一交通タクシー」の運転手約900人に、14日から順次侍ジャパンのユニホームを着用してもらうというのだ。

 苦肉の策といえる。現在、侍ジャパン壮行試合のチケットの売れ行きは思わしくないからだ。「あの手この手と盛り上げ策を打っているが、どうにもチケットの売れ行きが伸びない」と関係者はため息をついている。

 侍ジャパンの小久保裕紀監督は、ダイエー、ソフトバンクで指揮を執った王貞治監督(現ソフトバンク球団会長)の秘蔵っ子、王ファミリーの長男的存在として広く知られている。地元ファンから熱い声援を受けて壮行試合に勝利、世界一奪回を目指す本番のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に臨みたいところだろう。

 だが、現実は厳しい。球界OBがこう明言する。「福岡はソフトバンクの熱狂的なファンで占められているが、壮行試合はチケットの値段も高いし、普段から愛着があるわけでもない侍ジャパンで集客を期待するのは難しい。国際試合にファンを集めたいなら、東京ドームで開催するしかないだろう」

 いくらホークスOBの小久保監督が指揮を執るといっても過大な期待をかける方が酷というわけ。そうでなくても侍ジャパンは、戦力面でも人気面でも原動力とみられていた“二刀流”大谷翔平が故障で出場を辞退し、“逆風”にさらされている。果たして“侍タクシー”がどれほど盛り上げにつながるか。 (江尻良文)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう