記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】広島・安仁屋臨時コーチがポスト黒田に挙げた名は… ドラ1加藤拓也

 昨年に続き宮崎・日南キャンプで広島の臨時コーチを務めている安仁屋宗八OB会長(72)。名物OBの今年の“イチオシ”はドラフト1位の加藤拓也投手(22)=慶大=だという。

 昨季の春先、ラジオ中継の解説で「前田(健太)が抜けたことで、広島の若手投手はチャンスだと思って必死にキャンプで投げ込み、猛練習をした。中でも野村が一番熱心だった。今年の野村は間違いなくやりますよ」と発言。

 まさに予言的中。一昨年は5勝8敗の不振だった野村が、昨季は大変身し16勝3敗。最多勝と勝率1位の2冠に輝き、新井、黒田と並ぶ25年ぶり優勝の原動力になった。OB会長というだけでなく、日南キャンプで臨時コーチを務め寝食を共にする安仁屋氏ならではのズバリ予想だった。

 その安仁屋氏が今度は“ポスト黒田”として加藤の名前を挙げているというのだから、聞き逃せない。

 加藤は「安仁屋さんが見られているので緊張しました」と最初こそルーキーらしかったが、その直後に「今のは冗談ですよ」と付け加え、周囲を笑わせたという。

 物おじしない強心臓。現役時代に巨人キラーで鳴らした安仁屋氏はそのずぶとさにほれ込み、イチオシとなったワケだ。今季も広島のリーグ連覇、さらに日本一を予想しているのはOB会長として当然だろうが、イチオシの加藤には広島ファンならずとも注目せずにはいられない。 (江尻良文)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう