記事詳細

プロ野球OP戦スタート! 資料づくり手書きにこだわるワケ (1/2ページ)

 2月25日から沖縄でオープン戦が始まりました。近年は韓国や台湾の球団とも練習試合を行うなど、早い時期から対外試合が組まれていますから、ファンの方にとってはさしたるニュースではないのかもしれません。

 ただ、スポーツアナである私にとってこれは大きな節目。この日から資料ノートを書き始めるのです。各チームの成績、個人の投手・打撃成績。公式戦はもちろん日本シリーズが終わるまで全試合。ほぼ8カ月にわたる長い長いデイリーワークです。6試合フルにあれば所要時間は1時間半。時として雨(=試合中止)が恋しくなります。3日分もためたら大変なことになりますから。

 パソコンに入力したほうが効率的だろうという方がいますし、実際に同業者でそうしている人もいる。でも私は、手書きというアナログな作業をすることで頭に入ってくるのだと、かたくなに信じています。

 実況アナとして迎える30回目の開幕。この自筆の資料づくりがなければ、ただ声を張り上げるだけの、なんて楽な仕事だろうと思います。でも資料づくりは絶対必要。やらないで放送したら中身がどんどん薄っぺらになってしまうでしょう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう