記事詳細

たかが開幕3連敗で済まされない オリックス・福良監督に進退問題勃発!? 鬼より怖いのは宮内オーナー (2/2ページ)

 キャンプで宮内オーナーから公開説教されて以来、オープン戦でミスした選手は即2軍落ちなど“鬼の福良監督”をアピール。それにちなんだグッズだが、勝ってこそ受けるアイデア商品。開幕3連敗のていたらくでは逆効果でしかない。

 福良監督自身、一昨年シーズン途中の6月2日、森脇浩司監督(現中日内野守備走塁コーチ)の不成績による電撃休養を受け、監督代行に就任。昨季から監督を命じられた経緯がある。宮内オーナーの鶴の一声の脅威は熟知しているはず。しかも昨季最下位に終わりながら今季続投という“執行猶予”の身。早急に結果を出すことが必要で、残された時間は決して長くない。 (江尻良文)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう