記事詳細

球場名変更は実況アナの鬼門…メットライフドームってどこ? (1/2ページ)

 プロ野球公式戦も4カード目(12日現在)。そろそろ選手たちも落ち着いてプレーができる時期です。

 「ハマスタと甲子園の風を経験して、ちょっと落ち着きました」と話してくれたのは、外野に転向して定位置を狙い開幕戦では守備の不安を露呈した巨人・岡本和真選手(20)。

 一方、われわれ実況アナウンサーは週に1-2回程度の登板なので、正直まだふわふわしたところがあります。

 たとえば、ネーミングライツに伴う球場名変更は鬼門のひとつ。ZOZOマリンスタジアムはQVCマリンと言いそうになるし、koboパークって名前もまだまだ板につかない。あとメットライフドームも。会社のホワイトボードに「メットNR(ノーリターンの略)」って予定を書き込んだら、「どこに行ってるのかと思いました。まだ定着してませんよ」と若手ディレクター。

 逆に身にしみついてしまっている表現が、思わぬところで飛び出してしまうもの。過日のWBCの中継では、「侍ジャパン」を「侍ジャイアンツ」と言った方がいましたが、ご本人のために実名は伏せます(笑)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう