記事詳細

フレッシュ球宴豪華すぎるベンチ 次期1軍監督候補で急浮上2人に注目 (1/2ページ)

 日本野球機構(NPB)から「フレッシュオールスター2017」(7月13日=静岡草薙球場)の開催要項が発表され、関係者から「今年は首脳陣が豪華版です」の声が上がった。

 イースタン・リーグの指揮を執るのが昨季優勝した巨人の斎藤雅樹2軍監督(52)。現役時代は“ミスター完投”と呼ばた巨人のエースで昨年1月に野球殿堂入り。最多勝5回、最優秀防御率3回を誇る。先発投手にとって最高の栄誉である沢村賞も3回受賞。しかも、昨季の優勝で監督としての評価も急上昇で、次期1軍監督候補としても急浮上している。

 一方、ウエスタンはソフトバンク・水上善雄2軍監督が指揮を執るが、コーチ陣が豪華コンビ。阪神・掛布雅之2軍監督(61)と中日・小笠原道大2軍監督(43)の2人だ。

 藤村冨美男氏、田淵幸一氏から“ミスター・タイガース”の称号を受け継いだ掛布2軍監督は、伝統の一戦で巨人・江川卓と伝説の名勝負を繰り広げた。無名の存在から這い上がり、本塁打王3回、打点王1回でスター選手の座を獲得した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう