記事詳細

森中日、最下位脱出へ四苦八苦 関東竜党、5・17品川で“決起集会”

 昨季19年ぶりに最下位に転落し、「原点回帰」をスローガンにチーム再生を図る森繁和新監督(62)だが、現実は今季も16日現在最下位。そんな中、関東の竜党が東京・品川で5月17日に“決起集会”を開く。

 『ドラキチ貞花のドラタイムズ』を発行する、熱狂的なドラゴンズファンの講談師・一龍斎貞花氏らが発起人。「関東ドラゴンズファンフェスタ2017」と銘打つイベントだ。(問い合わせ=TEL090・8947・0019)

 『ドラタイムズ』で「再生に大きな期待!『ファンファースト』森監督」と熱烈エールを送っている貞花氏はじめ竜党の多くは、森監督の「ファンファースト」を支持している。勝利至上主義でファン無視だった落合体制との決別を喜び、明るさを前面に打ち出した新たなチーム再生に拍手喝采している。

 とはいえ、全く結果がついてこないのでは「ファンファースト」もかけ声倒れ。それこそ落合博満前ゼネラルマネジャー(GM)に鼻先で笑われてしまうだろう。戦力的に見ていきなり優勝は無理でもなんとか最下位脱出、できれば5年ぶりのAクラス奪回を目標にする必要がある。

 関東のファンから火が付いて、チーム再生に成功した直近の例として赤ヘル軍団がある。

 5・17関東竜党決起集会には、大腸がんであることをブログで明かし闘病しながらテレビの仕事などに復帰した中日OB、大島康徳氏がゲスト出演する。イベント開催までにまだ1カ月あるだけに、それまでに森中日がどんな成績を残しているのかも注目される。 (江尻良文)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう