記事詳細

日本ハム・大谷の「球宴出場」準備OK!主催者側も躍起 今季登板ゼロでも野手で選出→投手で登板可能 (1/2ページ)

 「マイナビオールスターゲーム2017」の開催要項発表会見が11日に都内のホテルで開かれ、故障リハビリ中の日本ハム・大谷翔平(22)を巡り虚々実々の駆け引きが行われた。

 会見には昨季両リーグの優勝監督で球宴の指揮を執る全パの日本ハム・栗山英樹監督と全セの広島・緒方孝市監督が出席し、「相手リーグで注目の選手は?」と質問されると、それぞれサプライズ返答。

 「嘉男(よしお)でしょう。やはり素晴らしい選手ですよね。さっき(控室で)緒方監督にも『(抑えるのが)大変でしょう』と言ったんですよね」

 全パの栗山監督はこう打ち明けた。日本ハム監督就任1年目の12年だけ上司と部下の関係。翌年オリックスに交換トレードした因縁のある糸井の名前をあえて挙げた。

 全セの緒方監督も負けじと「僕が一番見たいのは大谷君です」とズバリ。その後あわてて「すいません。ケガを完全に治すのが大事ですが」と栗山監督の立場をおもんばかりフォローした。

 本来なら球宴の金看板、注目度断トツの大谷だが、故障リハビリ中で先行きは不透明。それだけに「大谷」に関する話題は避けて通る雰囲気があった記者会見で、緒方監督は図らずも核心を突いたのだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう