記事詳細

トップで体が左に傾いてしまう原因は上体の力み まずはクラブなしでスイング (1/2ページ)

 【今週の質問】トップで体が左(目標方向)に傾いてしまう癖があります。自分ではわかっているのですが、直すことができません。飛ばそうとすると特に傾いて、フィニッシュでもバランスを失ってしまうのです。

 テークバックで左に傾く癖をなかなか直せないという人が多い。

 通常はトップで右サイド、フィニッシュで左サイドに体重が移るものだが、最初に左に傾くと反対になりやすい。フィニッシュで右サイドに乗ってしまい、バランスよく立っていることが難しくなって、ショットの安定感もなくなる。

 左に傾いてしまう人は、上体に力が入っていることが多い。重心が上下に動くのはあまり好ましくないが、上体が力みで固まっていると、クラブや腕の動きに引っ張り上げられるように右肩が上がってしまう。逆に左サイドが下がっていくので、結果的に左に傾くことになる(写真〔1〕)。

 肩の力を抜き、いからせないで軽やかにテークバックすれば、極端に肩が縦回転するような動きはなくなり、左肩は横に動いてあごの下に入る。このトップからなら、低い位置からヘッドを入れて振り抜いていくことができるので、ミスの許容量の広いスイングになる。

 どうしてもギッタンバッコンになってしまう人は、クラブを持たないでトップへいくシャドースイングをするといい。クラブを持っているから力むのであり、クラブを持たなければ力むことができなくなって動きやすいことが実感できる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう