記事詳細

深いフィニッシュ取れないのは真っすぐ打とうとするから 左に飛んでもいいと思って思い切り振る (1/2ページ)

 【今週の質問】私は深いフィニッシュを取ることができません。プロのようにシャフトが首のあたりに巻き付かず、途中で止まったようなかたちになってしまいます。格好の良いフィニッシュを取ろうとすると、不自然なスイングになってしまいます。

 フィニッシュを取れない人は、真っすぐ打とうとしていることが多い。

 真っすぐ打とうとすると、インパクト周辺でヘッドを目標方向に動かしたくなる(写真〔1〕)。真っすぐ押し出すようにヘッドを使えば、ボールも真っすぐ飛んでいくような気がするからだ。

 ところが、実際には、自然にフェースが閉じていく動きを阻害してしまうことになり、フェースが開いてインパクトしてしまったりする。

 ヘッドを目標方向に長く押していくように使うと、グリップは体から離れていくばかり。なかなか戻ってこないので、フィニッシュで首には巻きついてこない。

 右手で強く目標方向に押すタイプだと、左ひじが体の幅から外れてしまって、最後は背中側に引けてしまう。こうなるとここで引っかかってフィニッシュの位置までグリップもヘッドも到達できなくなる。

 フィニッシュまで振るには円軌道で振らないとつっかかってしまう。直線的な部分はスイングにはないはずなので、インパクト後はゆるやかに左に抜けていくように振らないと丸く振れない。直線ではなく曲線であるということを忘れてはいけない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう